バストアップに効果的な運動や食材


女性なら誰もが憧れる豊かなバスト。豊かなバストは女性らしさをアップさせて、女性の魅力を高めてくれます。

バストアップしたいと願ってはいるものの、一体どうすれば理想的なバストを手に入れられるのか、分からないという人が多いかと思います。

バストアップは運動したり食べ物に気を遣うことで実現可能です。このページではバストアップに効果的な運動や食材についてまとめました。

バストアップに効果的な運動って?

バストアップには運動することが効果的だと書きました。運動して筋肉を付けることがバストアップに繋がるのです。

バストは脂肪でできているので、運動しても効果がないと思う人がいるかも知れません。それは大きな間違いです。バストは脂肪できていますが、バストを支える土台は筋肉できているのです。土台が崩れてしまうとバストが崩れてしまうのは当然ですよね。

バストアップに深く関わっている筋肉は2つあります。それは広背筋と大胸筋です。では広背筋と大胸筋がなぜバストアップに効果的なのか見ていきたいと思います。

広背筋を鍛えてバストアップ

広背筋と言われてもピンとこないですよね。広背筋は三角形の筋肉で、背中から腰にあります。上半身と下半身を繋げているので姿勢に関係しています。実は姿勢はバストに影響を与えているのです。

広背筋を鍛えることで、丸まった背中を真っ直ぐに伸ばされて姿勢が良くなります。背中が丸まった状態だとバストは下向きになります。背中がピンとまっすぐになることでバストは自然と前向きになりますから、バストの下垂を改善してくれます。

また、背中に脂肪が付くとアンダーバストが大きくなり、バストが離れてしまいます。背筋を鍛えると脂肪が付きにくくなりバストの離れを阻止できます。ですので、広背筋を鍛えることはバストアップに繋がっているのです。

大胸筋を鍛えてバストアップ

バストアップには大胸筋を鍛えることも有効です。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。大胸筋はバストを支えている筋肉です。

大胸筋を鍛えると大胸筋の厚みが増し、胸囲が大きくなります。つまりバストが大きくなるということです。

さらに大胸筋を鍛えることでバストの下垂も改善します。大胸筋はバストの土台となっていてバストを支えています。大胸筋を鍛えてバストを支える力を強くすることが下垂の改善へと導いてくれるのです。

下垂したバストと上向きのバストを比べると、同じ大きさでも下垂したバストの方が小さく見えます。大胸筋を鍛えることで、バストを大きく見せることが出来るのです。

バストアップに効果的な食材って?

バストアップには食べ物も関係しています。体を作るには食事から栄養を取ることは必要不可欠ですよね。それはバストも同じです。バストも栄養を摂ることで形作られます。実は、毎日の食事がバストに与えている影響は大きいのです。

毎日の食事でバストが大きくなるなら、バストを大きくする食材を知っておきたいですよね。バストが大きくなる食材は大豆食品とキャベツが有名です。そこで、なぜ大豆食品とキャベツがバストに効果的なのか探ってみました。

大豆食品からイソフラボンを摂ろう

イソフラボンという成分は皆さん良く知っているかと思います。イソフラボンはバストアップに効果的な成分だと言われていますよね。イソフラボンを摂ることでなぜバストアップができるのか、その仕組みの詳細を調べてみました。

そもそもバストは脂肪と乳腺で構成されています。乳腺とは母乳を作り出す細胞の集まりです。バストの脂肪は乳腺を保護するために存在しています。ですので、乳腺を増やすことで脂肪も増えてバストの大きさが大きくなります。

乳腺を増やす働きを担っているのは女性ホルモンの一種であるエストロゲンです。イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンによく似た働きをし、乳腺の発達を促します。

イソフラボンが豊富な大豆食品を食べることは、根本的にバストを大きくすることにつながっているのですね。

キャベツには行く乳成分ボロンが!

バストアップにはイソフラボンも効果的です。バストアップ効果があるのはイソフラボンだけではありません。キャベツに多く含まれているボロンという栄養素もバストアップに効果的なのです。

ボロンという成分はミネラルの一種で、エストロゲンの分泌を活性化させる働きがあります。エストロゲンにはバストをサイズアップさせる効果がありますから、ボロンはバストアップをサポートしてくれるというわけですね。

そんなボロンの摂り方には注意すべきポイントがあります。それは加熱しないことです。ボロンは熱に弱い栄養素で加熱することで壊れてしまうからです。ですので、加熱をしていない生のキャベツを食べることが大切です。